葉酸には合成と天然がある!

 

妊娠期の必須サプリメントである葉酸には合成と天然があるのをご存知でしょうか?天然の植物などに含まれているのがポリグルタミン酸型、微生物などから合成されているのがモノグルタミン酸型の葉酸です。通常葉酸は野菜やフルーツ・レバーなどに多く含まれており、小腸でモノグルタミン酸として吸収され、利用されています。しかしこれら食品中の大部分はポリグルタミン酸型として存在しており、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で減衰し、ポリグルタミン酸型の生体利用率は50%以下とみられています。また水溶性のビタミンB群の一種であるため、煮る・茹でるなどの調理過程での損失も受けやすい栄養素でもあります。ですので葉酸を必要とされる方には、不安定な食品からの摂取ではなく、モノグルタミン型のサプリメントでの摂取が薦められています。市販のサプリメントは100%天然型(ポリグルタミン酸型)を謳うもの、モノグルタミン酸のみで構成されているもの、両方を採用して両者の良いとこ取りをしているものがありますが、妊婦さんであれば、モノグルタミン酸型か、モノグルタミン酸の必要量をカバーした両者の良いとこ取りサプリを選択する必要があります。

 

 

葉酸は無添加・無着色のものを摂ったほうがいい

 

葉酸とはホウレンソウ・ブロッコリー等の野菜に豊富に含まれている水溶性のビタミンB群の事で私たち人間が健康を保つためには必要不可欠な栄養素です。欠乏すると身体に様々な不調を引き起こします。不足すると「葉酸欠乏症」という病気を発症し、悪性の貧血を引き起こします。これは鉄分不足による貧血ではなく赤血球の合成に必要な葉酸が不足する事により起こる貧血で血液中の赤血球が正常に作り出されなくなり引き起こされる症状です。また、体の粘膜を健康に保つ役割もあり欠乏すると口内炎や胃潰瘍になる事もあります。普段から口内炎ができやすく貧血の方は葉酸が不足しているのかもしれません。妊婦さんにとっては特に重要とされている栄養素で、お腹の中の赤ちゃんの脳や神経を作るために必要で妊娠前、妊娠中に積極的に摂取していきたい栄養素です。妊娠前や妊娠中に安心して摂取するためにはやはり無添加・無着色を摂ったほうがいいでしょう。野菜ではホウレンソウ・ブロッコリー・アスパラガス・あさつき・えだまめ等に多く含まれています。また、レバー、焼き海苔等にも豊富に含まれているので食事やサプリメントを活用して無理なく飽きずに毎日摂取していきたいですね。

 

葉酸サプリ

 

 

排卵検査薬を使う前に知っておきたい身体への影響

 

妊娠を望んでいる方で、排卵日検査薬で排卵日を確認する方は多いと思います。
排卵とは、LHという黄体ホルモンが増加し、ピーク(LHサージ)を迎えたときに排卵されます。
そのLHサージを予測するために、排卵日検査薬を使用するのですが、使用する際に注意点もあります。
不妊治療をしている方は、HCGというLHの数値を上昇させる薬や注射の影響で、排卵日検査薬は毎回反応してしまい正確な排卵日を確定することが難しいです。風邪薬など、市販の薬にはLHが入っているものがありませんので、服用しても問題ありません。
他には飲み物なのですが、アルコールの摂取によりLHの分泌に影響はないのですが、飲み過ぎることにより、体内の水分量が変化してしまい、正確なLH数値をはかることが難しくなります。
コーヒーや緑茶などの、カフェインの入ったものもアルコール同様、過剰摂取によりLH数値に影響があります。
たばこなどのニコチンは、LH数値には関係ないです。
できれば、毎日同じ時間で排卵日検査薬を使用しましょう。生理予定日の17日前から使用することをおすすめします。
反応が出てきたら、1日に何度か(朝・昼・夕など)使用することにより、より正確な排卵日を予測することができます。

 

排卵検査薬

妊娠線予防に最適らしい

オイル配合のクリームが妊娠線予防に最適らしい

 

保湿をするなら水分が大事だと思っていたのですが、肌の保湿はある程度油分も大事みたいです。
若い時は油分なんて必要ないかもしれませんが、30を過ぎたら多少油分の入ったクリームなどを使った方がいいかもしれません。
私は妊娠線の予防をする時に、オイルが配合されたクリームを選びました。
ローションよりもオイル入りのクリームでしっかりと保湿をした方が妊娠線ができにくくなるそうです。
クリームでのケアが効果的だったのか、出産予定日が近づいてきた今でも妊娠線はできていません。
ただ現時点ではできていなくても、出産後にお腹がしぼんできた時にできる可能性があるそうです。
なのでお腹の保湿はまだまだ続けるつもりです。

 

 

しぼんだ胸に発生した妊娠線

 

一時期はEカップまでになった胸がすっかり小さくなってしまいました。
パンパンだった時は敢えて胸元の見えるような服を着たりしていましたね。
しかしここまでしぼんでしまうと、体のラインが出るような服は着たくなくなります。
そしてしぼんだ胸に謎の線が浮き上がってきました。
これは何だと思ったら、なんと妊娠線みたいなんです。
お腹には少し妊娠線ができていますが、胸にできるとは想像もしていませんでした。
胸にもできるとわかっていれば事前に保湿ケアをしたのに…。
一度できてしまうと消すのが大変なんですよね。
というか妊娠線って消えるのでしょうか。
胸はしぼむし線もできるしなんだか一気に老けた感じがします。

» 続きを読む

  • 2015/07/01 08:51:01

早期妊娠検査薬とつわり

早期妊娠検査薬とつわり

 

 

妊娠にともなって吐き気が出るようになることがあります。
このような吐き気のことをつわりと言うのですが、典型的な妊娠の兆候としてもよく知られていますよね。

 

このつわりが頻繁に起こるようになれば早期妊娠検査薬ではなく普通の妊娠検査薬を使用してチェックをしてみるようにしましょう。
早期妊娠検査薬はもっと早い段階で使用するものです。

 

検査薬を使用したり婦人科で検査を受けるなどといった対策をするようにしなければなりません。
ただし、このつわりというのは一見するとはっきりと判断することができるのですが、そんなに簡単なことではありません。

 

吐き気というのは色々な理由から生じてまうからです。
低血圧によって毎朝のように吐き気を感じている人もちろんいますよね。

 

さらに体調不良や生理不順が原因となっている可能性もありますので、どこまでが普段の吐き気なのか、そしてどこまでがつわりによる吐き気なのかを見極めることが非常に困難なのです。

 

最もわかりやすいことは、このような吐き気が頻繁に起こる場合です。
このような場合には妊娠の可能性を疑って良いでしょう。

 

つわりではなく体調不良などによって吐き気を感じる場合には、何らかの病気が隠れていることもありますので、やはり早い段階で病院を受診しなければなりません。

» 続きを読む

  • 2015/05/28 18:44:28

奈々子さんもなった子宮内膜症

奈々子さんもなった子宮内膜症

 

ちょっと前に友人が子宮内膜症を患ったんですが、実は芸能人でも子宮内膜症になった人って結構いるんですってね。
奈々子さんも、子宮内膜症になったことがあるそうで、やっぱり女性にとってはあなどれない病気ですよね。
特に子宮内膜症になると、腰痛のような症状があるので、日頃から腰痛持ちの人にとっては、「あれ?また腰痛?」と勘違いしているケースもあるんだとか。
私も腰痛持ちなので、きっと勘違いしているタイプだと思います。
こうなってしまうと、やっぱり大変になってきますよね。
私も最近はすごく頑張って腰痛改善をしていますが、年を取ってくると、腰に来るので、難しいものがあります。
内臓系の病気や子宮系の病気も、腰に影響が出やすいので、アラサー女性は、長引く腰痛を感じたら、一度は産婦人科でチェックしてもらった方が安全なんじゃないのかなって思いました。
自分も出産の時に色々と検査してもらって、ちょっと恥ずかしかったですが、何も問題がないとわかってホッとした経験があります。
30過ぎると、色々な子宮頸がんも心配になってきますし。
自分で出来る検査は、積極的に一度やってみた方がすっきりすると思いました。
腰痛は体調不良の危険のサインですね。

» 続きを読む

  • 2015/05/28 18:42:28

若い世代の子宮内膜症が急増

若い世代の子宮内膜症が急増

 

最近、若い人に限って、子宮内膜症が増えているんですってね。
私はこれまで子宮内膜症にはなったことがないのですが、やはり周りのお友達になってしまう人がちらほら出てきています。
子宮内膜症になると、色々な症状があるんですが、やっぱり一番有名なのは、生理痛の悪化みたいですね。
生理の度に非常に重い痛みが続くので、中には貧血になってしまう人もいるとか。
月経量も多いから、あんまりにも辛くて、病院に行ったら子宮内膜症だと診断されたって言う人も少なくありません。
でも異常なほど血が出ることって、出産を経験したら女性だったら、結構あるので、見逃してしまうこともありますね。
ただ、子宮内膜症の場合は、どんどん生理痛が生理が来るたびにひどくなるので、時間の経過と共に、月経痛が改善されない人は、かなり可能性が高いみたいですね。
私は30過ぎてから、あんまり生理痛がなくなってしまったので、もう閉経に向かっているんじゃないのかな・・・って心配になっていますが。
女性でも、生理痛があるかないかっていうのは、本当に個人差があるので、何とも言えないですね。
ひどい人は、寝ていないと厳しいくらい辛い状況なので、やっぱり大変だと思いましたね。

» 続きを読む

  • 2015/05/28 18:41:28